スカスカがスキ

2019/ 07/ 11 (木)

 来春までAとBの予定で埋まっていたところに、突然、Cという予定は未定な案件がドゥアン!! という感じで降ってきて、精神的に少々おつかれモードだ。

 

 ひとつひとつは決して嫌なことではないのに、だーっと押し寄せてくるととたんに「いやだなー」となるのは、とてももったいないと自分でも思う。でも、予定表はスカスカが好きなんだ……。

 

 今週は、月曜日の朝のいやーなことが遠い遠いむかしのことのように思えるくらい、短期間にいろいろあった。よく眠れなかったので、オフになった今日は寝てばかり。そして明日は憂鬱な健康診断だ。終わったら週末とはいえ、三連休も予定がある。

 

 ああーーー……いちいち嫌だと思うな私! 楽しんでいこう。

 一日一日の長さはいつもと同じ。あっという間に過ぎていく。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)

朝から怖い顔

2019/ 07/ 08 (月)

 月に一度の不燃ごみ回収の朝、二袋の不燃物を集荷小屋に持っていくと、すでにそれ用の棚はいっぱいだった。その上、まだ出したらいけないはずの燃えるゴミの入った袋がたくさんあって、入り口の方まで広がっている。一部は、床に置かれた不燃物の袋と一緒になっていた。

 

 とりあえず、持ってきた自分の家の不燃物を端の方に置いて、他人の燃えるゴミの袋を反対側の隅に寄せて行った。口が開いたままの袋があったので、まったくもう! と思いながらぎゅっと結んで、奥にやった。

 

 そのとき、入り口の方から咳払いが聞こえた。少し前からしていたのかもしれない。振り向くと、住民の40代スーツ男性が、ものすごく怖い顔をして立っている。私が中に居たので持ってきたゴミを置けなかったのだろうと思い、「あ、すみません!」と急いで小屋を出た。

 

 それにしても、どうして咳払い? 「おはようございます」とか言ってくれれば気がつくのに……。

 

 エレベーターに乗って部屋に戻りながらも、怖い顔が頭にこびりついて離れない。男性に無言であんな怖い顔を見せられたことが、今までの人生にあっただろうか? ……くらいのショックだ。

 

 忘れろ忘れろと自分に言い聞かせていて気づいた。もしかしたら、彼は、私が時間外に「燃えるゴミ」を出していると思ったのかもしれない。ルール違反だと言いたくて言えないから、正義感のあまり、あんな顔になっていたのかもしれない。それとも、他人のゴミをあさっているように見えた? あの状況じゃそう見えても仕方がないのかな。

 

 それとも、朝、出勤前に奥さんから「不燃ごみ出してって!」と言われて急いでるのにいやいや持って来たところに邪魔なばばぁがいてなかなか置けないから余計にイライラして怖い顔になってた……とか? 

 

 どちらにしろ、器の小せぇ男だねぇ……と、思うことにする。この次会っても挨拶なんかしてあげない。いや、それじゃ負けだ。ものすごぉーーく感じよく挨拶をしよう。

 

 忘れる忘れる忘れる!

 私は悪いことはしていない。うん、してないぞ!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)

しなくて済むことはしない

2019/ 07/ 04 (木)

 2週間に1度、木曜日に美容室に行く。朝の9時に行く。
 決まった行動が好きなわけではないのだが、行く度に二回先の予約まで取るようになったら、自然とそう決まってしまった。

 

 その木曜日の9時。今日のこの辺りは土砂降りだった。マンションを出て歩き始めて、これはカッパを着た方がいいのでは? と思ったのに、エントランスに戻って鍵を開けてエレベーターに乗って……と急ぐのも面倒くさくなって、そのまま行ってしまったのが大間違い。美容室に着いた時には泣きたいほど濡れていた。

 

 タオルとドライヤーとスリッパを貸してくれたので、髪を染めてもらいながらもずっと足に貼り付いた衣服にドライヤーを当てた。雨はすぐに勢いをなくして、数十分後から来るお客さんは普通の雨の日の感じで店にやってくる。

 

 土砂降りの中、なにも時間通りに出て来なくたってよかったんではないか? と、その時になって気づくのである。真面目な(頭の硬い?)子は時々そんな損をする。

 

 話は少し違うけれど、決められたことをきちんとこなさないでいると、なかなか身につかないことはある。マニュアルなんて……と言って最初から疎かにしても、自分流は簡単に通用しない。できないから嫌だとやらないでいたら、できないままだ。

 

 先輩方に「サクライさん、やってやって」と言われ、この一年、少し面倒なある課題の指導をずっと「押し付けられて」きたのだけど、ちゃんとやってきたおかげですっかり覚えて自信がつき、今では楽しめるようになった。有り難い限りである。

 

 だからみんな、ちゃんと経験した方がいいよー、できないままでいて恥かくよりいいよーと思うのだが、上からそのように割り振られない限り、たぶん来週も「あれはサクライさんがやって」と言われるんだろう。

 

 もはやお安い御用だけど、それで他の人はいいのかな。いいんだろうな。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)