そりゃあもう、大騒ぎさ

2019/ 10/ 09 (水)

 このタイトルを思いついて、なんだっけ……「マリのお客を取ったってさ、そりゃあもう、大騒ぎさ」かな? 宇崎竜童。「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」だ。

 

 私が一番最近、大騒ぎした日はいつだっただろう。

 

 ものすごく楽しみにしていた日も、大変だなーと、憂鬱半分で待ち構えていた日も、同じ一日のように過ぎていく。まあ、どちらも24時間だから、そもそも同じなのだけれど……。

 

 取っておきのケーキだったのに、テレビを見ながら食べていたらいつの間にか食べ終わっちゃって、ああ、どうしてもっとゆっくりしっかり愉しまなかったんだろう……と後悔するみたいに、よく味わうことなく「その日」を過ごしてしまったと感じることが増えた。(……ああ、こういうときに活躍するのが「写真」なのかな。おい、私、これを食べたよ、この人たちと楽しく過ごしたんだよ、ほら、こんなに笑っているよ、……という証拠写真があったら、満足感は違うんだろうか)

 

 嫌な予定のある日も、黙って淡々と迎えて、淡々と過ごす。うだうだ愚痴るのは大人げないし、いやだと言ったってどうせその日は来る。来れば去る。去れば「どうってことなかった」と思える。だから騒がない。そうして日々は過ぎていくのだ、穏やかに。

 

 余計なエネルギーは使わないに限るという人は多い。私もそう思っている。穏やかな日々、最高だ。

 でも、たまにはいいことも悪いことも「わあわあわあわあ」と、そりゃあもう、はた迷惑なくらいさんざん大騒ぎをしながら迎えて、思い切り集中して過ごしたら、特別な日の思い出は増えるのかしら。

 

 どちらにしろ「ちょっと前なら覚えちゃいるが、一年前だとちと分からねえ」になりかねないけど。

 

 ……やっぱり平穏が一番。

 感情が大きく上がったり下がったりしてちゃぁ、気が休まらない。

 ただ、自分の大切な一日一日を、流すように過ごすなってことね。

 

                     …アンタ、あの子のなんなのさ。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)

時々いいこと

2019/ 10/ 08 (火)

人と接して、嫌な思いをすることはたまにある。大抵は「どうしてこの人はこんな態度を取るんだろう」といったことだ。

通りすがりの他人のことはどうでもいいからだろうか? それとも、個人的な理由があって、人に感じよくする余裕などないから仕方がないんだろうか。

でも、悪いことばかりじゃない。知らない人の笑顔や優しい態度に、ほわわわーんと嬉しくなるようなことも同じくらいある。

そういうことがあると、私もそういう人になりたいと思う。ちょっとした瞬間に、この人と関わってよかったと思ってもらえるような、ほんの小さな針の先で突いたような微かな一瞬でもいいから、誰かの1日の中の「いいこと」に関わりたい。


「いいひと感」を積極的に振りまきたい訳じゃない。人にされて嫌なことはしないぞという当たり前のことを忘れずに、嬉しいことを返していきたい。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)

何か、したかった。

2019/ 10/ 06 (日)

 お気に入りのブログの移転先をクリックしたら、noteだった。noteというのは、ブログとSNSを足したようなサービスだ。すっかり忘れていたけれど、以前はそこでも何か書いていた。このブログと使い分けようとして、あの頃ははてなブログにも手をつけた。でも結局、使いこなせなかったのだな……。

 試しに自分のnoteにログインしてみようと、今は使えない当時のメールアドレスを入れ、思いつくパスワードをいくつか叩いてみたら、じゃーんと開いた。そこには、その頃ハマっていた花の写真や、懐かしいとも言えないつぶやきがいくつかそのまま残っていた。「これだけ」だったかな? 削除もしたんだろうか? ……思い出せない。

 使っていたのはずっと以前のことのような気がしていたけれど、たった4,5年前だった。たった4,5年と思ってみて ああ、私にとって4,5年前というのは「まあまあ最近」のことなのかと、妙に感心してしまった。それだけ「過去」が長くなったということだろう。

 久しぶりにnoteのあちこちを覗いていたら、その場所の新たな使い道を考えたくなった。でも、雑文を書く以外に私にできることなどないのだから、結局、書く場所はひとつあれば十分ということになるね。

 いや……でも、何かできないかなぁ……せっかくログインできたんだし。(それよりもっとここを大事にしなさい!)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(にほんブログ村にささやかに参加しています)